プラクティス集

プラクティスとは、ひとことで言えば「うまいやり方」です。1990年以前の「工業の時代」から、1991年からの「知識の時代」に大きく変わって、この中心となる概念です。1990年以前には殆ど存在しなかった、効果抜群の無形資産です。日本国の一人当たりの付加価値生産性が、アメリカやドイツの約60%しかないのは、無形資産たるプラクティスが組織共有されていないからです。このプラクティスを組織的に共有するためには「プロセス標準化」が大前提です。

0.1 プラクティスの事例

ユーザ事例

0.2 プラクティスとは(詳細)

0.3 プラクティスの開発方法