GUTSY-4は、ビジネスアナリシスを行うための方法論です。フェーズⅠからⅤまで、構想、企画、計画、構築、保守・運用の5つのフェーズから構成されます。

この開発には約5年ほどで終りました。

住友理工の研究開発本部の一員が、未経験にも関わらず独自にプロセス標準化に取り組めたのも、この方法論があったからです。

だいぶ前ですが、米国大学でビジネスアナリシスを教えている一色浩一郎教授は、当時で米国に12.5万人のビジネスアナリストは存在しているので、少なくとも日本では、10万人は不可欠だと言っているからです。

以前の構造は、下記のように「ビジネスアナリシス方法論」に特化しており、ビジネスアナリシスの経験がなくとも出来ることを特徴としていました。

2.1 ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4の概要

2.2 GUTSY-4の特長と構造

2.3 GUTSY-4で実現できること、および導入費用 |GUTSY-4コンテンツ

 

オンラインで打ち合わせできます

  • パソコン画面を共有し資料を見ながらのご説明が可能です
  • 実際にお会いしている感覚でお話できます
  • 電話/メールもご利用いただけます