1. 標準プロセス

米国では、米国では1936年ロビンソン=パットマン法によって、一物一価が厳格に運用されています。不公正な取引を禁止するとした『一物一価』、これが他へも影響して、同一労働同一賃金『正規・非正規雇用労働者間の不合理な待遇差の禁止』。後者では、企業内で人種差別があれば、訴訟で陪審員裁判によって、企業側に懲罰的賠償金となります。したがって、年齢による差別である「定年制」は欧米にはありません。私74歳の在米同級生は、先月ようやく自ら退職。日本では、ようやく2030年大企業、2031年中小企業が該当する法律ができた。米国は厳しい陪審員裁判、日本は法曹界が談合したような緩やかな法制度。どちらの方が早く社会が変化できるのか。

企業内で、同一のプラクティスを広く利用するためには、標準プロセスが不可欠です。SoR領域としては、sサプライチェーン計画、s調達、s製造、s受注・出荷、s返品などの経営機能があります。以前の私の主戦場です。 SoE領域としては、aマーケティング、b人的販売 、c商品開発 、d設計・開発、そしてv顧客サービスなどがあります。先進国は経済が成熟化して、 SoE領域は大きく拡大するという「今まで見たことがない世界」にいて、今までの経験だけに頼っていては企業は滅亡します。

以前の構造
2.1 業務参照モデルの概要

2.2 業務参照モデルの利用方法

2.3関連団体、紹介・入門コース(改) |GUTSY-4コンテンツ